2018年も4月になり、徐々に仮想通貨も上昇トレンドに様変わりしてきました。

ロスチャイルドをはじめとした財閥の参入も噂され、ますます注目されつつある仮想通貨市場です。

それでは今回は、再び中国の仮想通貨取引所であるHuobi(フォビ)が注目されていますので、ご紹介したいと思います。

非常に、流動性が高い取引所で日本法人の設立も予定されている信頼性の高い取引所です。

是非ご参考にされてください。

Huobi(フォビ)とは

Huobi(フォビ)とは、2013年に北京で設立され現在は香港を拠点として運営する世界でもトップクラスの仮想通貨取引所です。

中国の取引所ではBinance(バイナンス)が非常に有名ですが、Huobiは世界第2位の出来高を誇り、取り扱い通貨も非常に多いことが特徴です。

また、グローバルに展開しており130カ国以上にユーザーがいるため、取引量が非常に多く流動性が高いです。

日本でも一時、SBIホールディングスと提携発表がありしたことでも話題になりました。

Huobi(フォビ)の特徴

仮想通貨の種類が豊富

2018年4月現在では約80種類の仮想通貨を取り扱っています。

Huobi(フォビ)でしか取り扱っていないアルトコインも多く、ICOの上場先としても非常に多く活用されています。

また、ビットコインのハードフォークなどにもいち早く対応しており、ビットコインキャッシュの時も最も早く配布をしていました。

取引所の手数料が一律0.2%

Huobiの取引手数料は、ビットコイン、アルトコインも一律で0.2%となっています。

Binanceに比べると見劣りしますが、Binanceには取扱いのないトークンがHuobiにはあるので必要に応じて、Huobiも利用してみると良いかもしれません。

独自通貨HuobiToken (HT)

Huobiは、独自通貨であるHuobi Token(フォビトークン)を発行しています。

通貨シンボルは『HT』です。

Huobi(フォビ)のみで取引できる独自の通貨なので、購入できる取引所はHoubiのみになります。

特徴として、HTを保有することで手数料が10 – 50%割引されるトークンです。

Binanceの独自トークンBNBも高騰したように、HTも保有していると高騰する可能性があるのではないかと注目されています。

 

Huobi登録手順

Huobi公式サイトへアクセスします。

初期登録

ユーザー登録を行います。

『メールアドレス』、『パスワード』、『招待コード(そのままで結構です。)』を入力し、利用規約に同意の上、メール認証コード右側の『送信』ボタンをクリックします。

ご登録のメールアドレス宛てに、『認証コード(数字6桁)』が届くので記入できたら『無料アカウント作成』ボタンをクリックします。

認証が完了したらログインしてください。

 

2段階認証

ログインが完了したら、次に2段階認証を設定します。

※非常に重要です。必ず設定するようにしましょう。

メニューより『セキュリティ』を選択します。

GA認証器という項目のバインドをクリックします。

画面左下のQRコードを、GoogleAuthenticatorアプリより読み取ることで2段階認証を設定できます。

 

本人確認

次に、本人確認を行います。身分証明証をHuobiへ提出しましょう。

パスポートに記載の『旅券番号』、『名前(ローマ字)』、『姓(ローマ字)』を入力し、パスポートの画像(※1)をアップロードします。

問題なければ、『確認』ボタンを押してHuobiへ提出してください。

<※1例>

以上でアカウント登録および初期設定が完了です。

Huobi(フォビ)のまとめ

Huobi(フォビ)はセキュリティが非常に高く、アルトコインを豊富に取り扱っているおすすめの仮想通貨取引所です。

日本語にも対応しているため、海外取引所を利用したことのない初心者の方も迷うことなく活用できるはずです。

今後、グローバルに展開予定のHuobi(フォビ)をさらに注目していきましょう。