今回は、賃貸プロセスの合理化を提供する『Rentberry(レントベリー)』のICOをご紹介していきたいと思います。

Rentberry(レントベリー)概要

Rentberry(レントベリー)は、テナントと家主を一体化させることを目的とした、透明な家賃レンタルプラットフォームです。

ブロックチェーンとスマートコントラクト技術を使用して、長期レンタルのプロセスを合理化し、テナントと家主がすべてのレンタルタスクを1か所で完了できる仕組みを提供します。

つまり、不動産賃貸において仲介者を不要とし、テナントと家主での取引が可能となります。

既にサービスは、米国で5000都市をカバーし、224,000以上の不動産と4,000件の取引を処理しています。

2018年度からは、国際展開を予定しており、米国以外でも、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドからのビジネス提案を受けています。

また、スタートアップ時より、機関投資家から約400万ドルの資金調達に成功し、様々な有名メディアとも、タイアップした期待のプロジェクトです。

 

Rentberry(レントベリー)の公式ページ

Rentberry(レントベリー)のホワイトペーパー

 

Rentberry(レントベリー)の特徴

透明性の高い申請プロセス

Rentberry(レントベリー)は健全な賃貸環境を作り、レンタル・プロセスにおける潜在的な不満、詐欺率、時間遅延、摩擦を軽減させます。レンタル条件をシームレスに交渉できることは、適正価格にて、住宅を借りることに役立ちます。

 

クラウドソーシング

Rentberryコミュニティメンバーは、賃貸保証金の一部を支払う返礼に報酬(金利)を受け取ることができ、賃貸保証金を解凍することで、テナントも金融負担を減少できます。

 

トークンホルダーのメリットについて

トークンホルダーは専用のRentberryコミュニティのメンバーとなります。

コミュニティ内のクラウドソーシングを活用することで、収益機会を得ることが可能です。

BERRYトークンは段階的な、Burnが予定されていますので、通貨価値高騰に伴う、キャピタルゲインを得る機会も想定できます。

 

Rentberry(レントベリー)のICO

2017年12月5日より、開始されています。

※セールは、段階的なボーナスが付与され、早期参加者が優遇されます。

シンボル:BERRY
価格:1ETH=2500BERRY
対応通貨:ETH, BTC
最小購入:0.1 ETH
ICO期間:2017年12月 5 日 – 2018年2月 28日

 

トークン購入方法

トークンは、Rentberryのパートナーである『CRYPTONOMOS』で購入可能です。

1.CRYPTONOMOSにてアカウント登録を行います。

『Sign Up』をクリックし、初期登録画面へ移動します。

『アカウント名』、『メールアドレス』、『パスワード』を入力の上、『Agree and Continue』ボタンをクリックします。

 

2.SMS認証を行います。

Country欄でJapanを選択の上、電話番号を登録し、ショートメールにて認証キーを受け取ります。

例)+819012345678

認証キーを入力の上、『Verify』ボタンをクリックします。

※個人アカウント画面より、メールアドレス認証及び、2段階認証の設定も行ってください。

 

3.入金処理

『Buy』ボタンをクリックの上、入金用ページに移動します。

米国、中国、韓国居住者は当ICOに参加することができません。

非居住者であることに、同意してください。

数量及び入金通貨を選択の上、『Token Purchase Agreement』をクリックし、指定通貨を入金の上、購入を完了させてください。

※その後、KYCが必要となるので、予め身分証明書をご準備ください

Rentberry(レントベリー)トークン引き出し手順

Rentberryトークンは2018年3月30日までに順次発行されます。

Cryptonomosのダッシュボード上より、ERC20に準拠したウォレットアドレスを設定の上、送金する流れとなります。