EiraCube(エイラキューブ)は、これまでのネットショップの在り方を変化させます。

ネットショップと言えば、画面上で商品を探して、実際の商品を手に取ることなく、購入します。

また、ネットショップの運営事業者は、商品の詳細について、写真や文章を駆使してアピールするしかありませんでした。

EiraCube(エイラキューブ)は、リアルな店舗『小売用エアバッグ』を設置することで、ネットショップの業態に革命を起こすことを目指しています。

これは、オンラインショップ事業者や私たち消費者はもちろんのこと、ショッピングセンターの所有者へのメリットも考えられており、今後の一般消費者の”消費行動”にも変化が現れることが考えられます。

※EiraCube(エイラキューブ)のICOは4.8点/5点と非常に高評価です。

今回は、EiraCube(エイラキューブ・BRETT)とはそもそも何なのか、また、EiraCube(エイラキューブ・BRETT)の「小売用エアバッグ」について、オンラインショップ事業者や消費者、そしてショッピングセンターの所有者の視点から、それぞれの利点を交えて紹介していきます。

また、最後にEiraCube(エイラキューブ)のICO参加方法と購入方法について紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

結局EiraCube(エイラキューブ)ってなに?

EiraCube(エイラキューブ)は、これまでネットショップでしか商品を販売できなかった事業者に店舗を用意し、リアルでの商品販売を可能にするためのプロジェクトです。

商業施設の中に、店鋪を構えることは、たくさんの資金を必要とします。

それは、例え小スペースを借りるとしても、いわゆる『場所代』にはまとまったお金が必要となってきます。

そのようなコストを節約するために、ネットショップを利用してモノを販売している人は、沢山いるはずです。

しかし、ネットショップでは、商品については写真や動画でしか紹介できず、実際に手に取って試してもらうことは出来ません。

EiraCube(エイラキューブ)では、ショッピングセンターなどの一角に『小売用エアバッグ』を用意することでスペースを確保し、そこにネットショップで販売している商品の実物を陳列することで、一般的な店舗に陳列するのと同じ、商品の販売する”場所”を提供します。

また、『小売用エアバッグ』は、クリアケースで覆われたスペースで、そこへ商品が陳列され、商品のピックなどに関しては、全て専用ロボットが行います。

完全に無人の小売りスペースの誕生です。

人件費の大幅な削減にも繋がり、ネット販売事業者は商品陳列にコストをかける必要がありません。

このような仕組みを提供することで、ネット販売事業者はもちろん、私たち一般消費者、ショッピングモールなどのオーナーにも多くのメリットをもたらすことが出来るというわけです。

EiraCube(エイラキューブ)は今まさに”EC業界”に革命を起こそうとしています。

EiraCube(エイラキューブ)の概要

シンボル名 BRETT 公開日 2018年2月1日
プラットフォーム ETH 最大発行数 7,500,000 BRETT
Webサイト https://eiracube.io/jp/
ホワイトペーパー https://goo.gl/BoFqpn
購入できる取引所 未定


EiraCube(エイラキューブ)のICOスケジュール

ソフトキャップ 3,000,000 USD
ハードキャップ 25,000,000 USD
対応通貨 イーサリアム、ビットコイン
トークン価格 1ETH = 30,000 BTETT
期間 購入額 ボーナス含み
Pre-ICO開始:2018年1月25日午前10時(GMT)

終了:2018年3月25日午前10時(GMT)

 

 

1ETH以上 40%(42,000 BRETT)
0.1ETH~1ETH 35%(40,500 BRETT)
0.1ETH未満 30%(39,000 BRETT)
ICO:1日目~3日目開始:2018年5月1日午前10時(GMT)

終了:2018年5月4日午前10時(GMT)

 

 

100ETH以上 20%(36,000 BRETT)
10ETH~100ETH 17.5%(35,250 BRETT)
10ETH未満 15%(34,500 BRETT)
ICO:4日目~10日目開始:2018年5月4日午前10時(GMT)

終了:2018年5月11日午前10時(GMT)

 

 

100ETH以上 10%(33,000 BRETT)
10ETH~100ETH 8%(32,400 BRETT)
10ETH未満 6%(31,800 BRETT)
ICO:11日目~15日目開始:2018年5月11日午前10時(GMT)

終了:2018年5月16日午前10時(GMT)

 

 

100ETH以上 5%(31,500 BRETT)
10ETH~100ETH 3%(30,900 BRETT)
10ETH未満 1%(30,300 BRETT)
ICO:16日目~30日目開始:2018年5月16日午前10時(GMT)

終了:2018年5月30日午前10時(GMT)

 

 

0%

EiraCube(エイラキューブ)のロードマップ

2017年 調査および企画立案
2017年第4四半期 MVPインハウス
2018年第1四半期 プレICO
2018年第2四半期 ICO 3,000万ドル調達予定
2018年第4四半期 グランドオープン
2019年第4四半期 EUとアジアで30店舗展開予定
2020年第4四半期 世界中に300以上の店舗を展開予定

EiraCube(エイラキューブ)の将来性

次に、EiraCube(エイラキューブ)の将来性について考察を深めていきましょう。

EiraCube(エイラキューブ)は『小売用エアバッグ』を商業施設に設置することで、ネット事業者、一般消費者、商業施設のオーナー、各々にメリットがあると分析してます。

-オンライン事業者の利点-

一流のショッピングモールで、商品を簡単に販売することができる

EiraCube(エイラキューブ)の『小売用エアバッグ』は、一流のショッピングモールなどに設置されます。

既にブランディングが確立されたショッピングモールで商品を販売できるということは、それだけで大変なメリットとなります。

日本で言えば、六本木ヒルズやイオンモールなどの一角に『小売用エアバッグ』を設置して、商品を陳列してもらえるわけです。

商品のターゲット層によって、六本木ヒルズの客層に見てもらいたい商品、イオンモールの購買層に見てもらいたい商品など、切り分けた上で、とにかく実際に商品を見てもらうことが出来るようになります。

これまでネットショップを利用しなかった購買層をターゲットにすることも可能になるかもしれませんね。

商品を送るだけで自動展示

商品を、EiraCube(エイラキューブ)に発送するだけで『小売用エアバッグ』へ陳列してくれます。

ネット販売事業者は、わざわざ現地に出向き、陳列する必要がありません。

大幅な人件費カット

商品のピックアップはロボットが全て行い、商品決済は、もちろんネットで可能ですので、人件費の大幅な削減が可能です。

顧客情報のフィードバックが取得できる

EiraCube(エイラキューブ)の『小売用エアバッグ』は、そこに訪れた方の顧客情報についてのフィードバックを取得します。

『小売用エアバック』には「3Dコンピュータビジョンパワードカメラ」が搭載されており、訪れた人の年齢、性別、体温などから読み取る感情をデータとしてフィードバックするのです。

現在のオンラインショップに掲載される評価やコメントよりも、より生に近い状態のフィードバックを受けることが出来るわけです。

これはオンライン事業者にとっては、かなり有用な情報になるはずです。

消費者側の私たちにとっては、若干警戒してしまう機能ですが、このようなシステムは今後あらゆる場所に普及するのでしょうね。

-私たち消費者の利点-

実際の商品を触ることが出来る

ネットショップでの商品を購入することは、本当に便利で、私達の暮らしを日々便利にしてくれています。

商品内容などにバラツキがないものに関しては、ネットショップで購入した方が、圧倒的に便利だと思われます。

しかし、衣服などに関しては、写真だけで確認しても若干の不安が残ることはありませんか?

そういった商品は、やはり実際に手に取り、確認する必要があります。

そんな時、EiraCube(エイラキューブ)の『小売用エアバッグ』に商品が陳列されていれば、実際に商品を試したり、自分の目で詳細を確認することが可能となります。

このように商品の種類によっては、『小売用エアバッグ』というリアル店舗が、有益な存在になるといえるでしょう。

オンラインで購入した商品を自分の足で受け取りに行くことが出来る

『小売用エアバッグ』は、商品の受取場所に指定することもできます。

ネットショップで商品を購入したけど、なかなか自宅で受け取る時間が無い、または届けられては困るといった事情がある方にとっては便利なしくみです。

-ショッピングセンターの所有者-

消費者のトラッフィク増加と宣伝効果

ショッピングモールなどの所有者は、『小売用エアバッグ』を設置することで、それ自体が話題性やマーケティングにも繋がります。

これは、普段ショッピングモールに足を運ばない一般消費者も、『小売用エアバッグ』に商品を取りに来るというキッカケづくりになり、ショッピングモールに訪れるということが考えら為です。

テレビ、その他雑誌媒体で宣伝費をかけることよりも、大きな効果を発揮する可能性があります。

無駄なスペースの有効活用

ほとんどのショッピングモールは、場所の有効活用ができていません。

なかなか店舗が決まらないスペースや、予想外に生まれてしまった非効率なスペースなどが存在します。

そのような、非効率なスペースをEiraCube(エイラキューブ)は改善することができるのです。

顧客開拓

EiraCube(エイラキューブ)の『小売用エアバッグ』が設置されているショッピングモールということが宣伝となり、これまで訪れることがなかった新規の顧客を呼び込むことが可能性があります。

普段ネットショップでしか買い物をしない方が、実際の商品を確認するために、『小売用エアバッグ』の設置されているショッピングモールに足を運ぶということです。

これは、ショッピングモール側も新規顧客を獲得するチャンスとなるのです。

ネットショップで購入した商品を受け取りに来た方が、ついでにそのショッピングモールで買い物をするといった消費行動にも繋がります。

-提携パートナー-

知らない方はいない大手企業が、パートナーとしてアサインされています。

技術的なバックアップの体制も問題ありません。

EiraCube(エイラキューブ)のICO参加手順

それでは、EiraCube(エイラキューブ)のアカウント登録方法やトークンの購入方法を見ていきましょう。

EiraCube(エイラキューブ)のアカウント登録

1.公式サイトにアクセス

下記URLより公式サイトにアクセスしてください。

EiraCube(エイラキューブ)の公式サイト

2.初期情報の登録

公式サイトにアクセスできたら、『Buy Tokens』ボタンをクリックします。

「メールアドレス」、「パスワード」の上、規約にチェックをして「Continue」ボタンをクリックします。

成功すると、下記のメッセージが表示されます。

3.アカウントの認証

ご登録のメールアドレス宛てに、Eiracube(エイラキューブ)より認証メールが届きます。クリックしてアクティベートします。

EiraCube(エイラキューブ)の購入手順

『Tokens amount』部に購入したい数量を入力し、必要なEthereum数量を確認します。

『Get payment information』ボタンをクリックし、表示されたアドレス宛てにEthreumを送金します。

※Myetherwalletより送金する必要があります。

EiraCube(エイラキューブ)のまとめ

 

EiraCube(エイラキューブ)は、ネットショップ専門の事業者が、リアル店舗でに商品を販売できるという、これまでに無かったプラットフォームです。

『小売用エアバッグ』という無人の実店舗を提供することで、販売者、購入者ともにメリットをもたらし、まさにネットショップと実店舗が融合した売買の新しいカタチの誕生ですね。

コストを限界まで削減できるうえに、商業施設のオーナーも場所を最大限に活用することが出来るようになります。

私も、この『小売用エアバッグ』という空間を利用してみたいです。