Bankera(バンクエラ)のプレICOが日本時間の8/28(月)20時から始まっています。

トークン保有者には投資額に応じて、Bankeraの取引における利益の20%を受け取る権利を得ることができます。

また、アサインされているメンバーも豪華で、アドバイザーにはNem.ioのロン氏も参加しています。

 

TOKENの販売はSpectroCoin(スペクトロコイン)で行われています。

手順も非常に簡単な案件なので、この機会に参加してみてください。

 

Bankera(バンクエラ)概要

Bankera(バンクエラ)とは主にブロックチェーンを活用し、現在の銀行で発生しているような業務コストを削減することが期待される新しいカタチの銀行です。

支払い、ローン、投資の3サービスを中心に事業を拡大させていく予定になっています。

これまで、Spectrocoin(スペクトロコイン)がサービスの準備を進めてきましたが、ICOという形で資金調達を行い事業をさらにスケールさせていく狙いがあります。

ICO全体では、総額230億円の資金調達を予定しています。

Bankera公式

Bankeraホワイトペーパー

Bankera(バンクエラ)のロードマップ

BankeraはSpectroCoinで既にIBANコードを取得しています。

IBANコード(英語: International Bank Account Number)とは、銀行口座について、所在国、支店、口座番号を特定するための国際標準である。 欧州銀行規格委員会により採択された後、ISO 13616:1997として規格化され、ISO 13616:2003が最新の版である。

プレICOは8/28 – 9 /28まで開催され、期間中に全発行量の10%である25億BNKを上限として配布されます。購入されるほどBNKの価値が上昇します。

 

正式トークンセールは、11月27日(月)から開始されます。

※1BNK=0.017EURにて、購入が可能です。

なお、ICO期間中に1000EUR以上BNKを購入するとBANKERAカードとIBANアカウントを無料で貰うことができます。

 

Bankera(バンクエラ)による銀行買収

Bankera(バンクエラ)がバヌアツのPacific Private Bank(パシフィックプライベートバンク)を買収しました。

Pacific Private Bankは20年の実績を持つ、老舗の銀行です。


将来的に、Bankera(バンクエラ)は仮想通貨における正式な銀行業務邁進することをロードマップとして描いており、また、この内容も記載されていましたが、予定は前倒しして、進捗している形となります。

投資家としては、BNK保有における、イーサリアム建ての配当がメリットとして存在し、価値高騰に伴うキャピタルゲイン、または更なるインカムゲインを狙うことも可能です。

実際の銀行の買収においては、今後の顧客基盤、及び柔軟なソリューション提供面で多くのメリットを享受することができます。

2月末でICOは終了しますので、堅実な投資の一つとして検討されてみても良いかと思います。

 

SpectroCoin(スペクトロコイン)への登録

BankeraのICOに参加するにはSpectroCoin(スペクトロコイン)へ登録する必要があります。

下記よりアカウント登録を行ってください。

SpectroCoin登録

BANKERA(バンクエラ)トークンの購入

BANKERAのICOへの参加方法はいたってシンプルです。BNKトークンを購入するだけです。

BANKERAの通貨単位は『BNK』と表現されます。BNKを購入するために、まずは入金する必要があります。

メニューの『DEPOSIT』より、入金したい通貨を選択してください。

 

 

入金が完了したら、メニューの『EXCHANGE』よりBNKを購入します。