今回は、融資系プラットフォームのICOである『CoinLoan』をご紹介したいと思います。

当サイトでは、角度高いベース案件を柱とし、さらにレバレッジをかけることを目的として、ICOをご紹介しています。短期売買における上場時の対応なども、BitcoinHackメンバーの方には、都度アナウンスさせていただきたいと思います。

 

CoinLoan(コインローン)概要

CoinLoan(コインローン)とは、暗号通貨を担保にすることで、融資をうける、または提供することを可能とする、プラットフォームの提供を目指しています。

従来の銀行の融資システムと現代のブロックチェーンの技術を組み合わせた革新的なプロジェクトです。

貸し手は、銀行振込または銀行カードを利用して、お金を預金し、有利な条件(期間、金利)で個別に貸付を求めることができます。

借り手が資金を返却しなかった場合、システムは自動的に担保に供された暗号通貨資産を清算(売却)し、資金を貸し手(金利を含む)に返却することで、リスクのない完全な返済を保証しています。

借り手は、自身の仮想通貨を入金し、現在の市場価値の70%を超えない値で、融資の申請をすることが可能です。この制限は、借り手の暗号通貨資産を保持し、暗号通貨市場のボラティリティによって発生するリスクを低減するために設定されています。

CoinLoanでは、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)、Dash(ダッシュ)、Monero(モネロ)を担保として利用することができます。

法定通貨での融資は、JPY(円)、USD(ドル)、GBP(ポンド)、CNY(中国元)、RUB(ルーブル)、CHF(スイスフラン)、PLN(ポーランドズロチ)、CZK(チェココルナ)の利用が可能となっています。

今後、対応する暗号通貨の種類を、さらに増やしていく予定ということです。

従来の担保スキームでは、貸し手が借り手の支払い能力を確認した上で、担保の評価を行い、借り手の資産を保有していていましたが、CoinLoanではそういった必要がないので、迅速な融資が可能となります。

 

CoinLoan(コインローン)の公式ページ

CoinLoan(コインローン)のホワイトペーパー

 

CoinLoan(コインローン)のメリット

貸し手のメリット

  • 自動システムによる、安定した収益の構築
  • 融資条件の柔軟な設定
  • 資金の返済を保証
  • ローン数の制限がありません
  • グローバルな取引対象

借り手のメリット

  • 担保で利用する暗号通貨は安全に保たれます。
  • ローン返済時に、担保とする暗号通貨の一部を売却することで、いつでもローンを終了することができます。
  • リスクを判断して、柔軟にローン契約を選択できます。
  • 貸付までの時間の短縮

CoinLoanのプレセール

最小投資額:0.025BTC or 0.3ETH

通貨単位:CLT

販売予定機関:2017/09/29 〜 2017/10/29

支払方法:ETH,BTC

 

ICO参加手順

1.CoinLoan公式サイトへ移動し、『join Pre-ICO』を選択します。

2.『Register』ボタンをクリックの上、初期登録を行います。

※登録メールアドレス宛てに認証メールが届きます。クリックしてアクティベートしてサインインしてください。

3.CLTトークンの購入

CLTトークンの購入は、『Buy Tokens』メニューより実施してください。

Ethreum、もしくはBitcoinの受取アドレス宛てに、お使いのウォレットより送金してください。

※トークンはICO終了後に配布される予定となっています。