今回は、レンディング系ICOの有力株と言われる『Rapio Credit Network』について紹介していきたいと思います。

Rapio Credit Network概要

Rapio Credit Networkとはイーサリアムネットワークにより、融資を民主化する為のプラットフォームを提供します。

分散型P2P貸出用のアプリケーションをEthreumネットワーク上に展開し、『貸し手と借り手をつなぐことにより、新たな融資市場』を開発します。

 

 

現在は各国において、様々な金利が設定されていますが、これを排除することにより、市場に流動性を提供していくことを目的としています。

また、Cosigner(連署者)を中継機関におくことにより、多くのリスクを低減していく準備があります。

 

出資者としては、投資家のティム・ドレイパー氏も名を連ねており、大変、注目されています。

その他、Digital Currency CroupはbitFlyerにも出資しています。

 

ICOは10月24から予定されています。

現在は、ホワイトリストの登録のみ受け付けています。

詳細については追って、記事にまとめていきます。

Rapio Credit Networkの公式ページ

Rapio Credit Networkのホワイトペーパー